通販業務

システムについてナビゲータ写真
記事一覧へ

当社通販システムの新バージョン担当リーダーの経験から、通販で求められるシステム機能をお伝えします。

(株)スクロール360   システム開発担当

進化する通販シェルパPro

2006年12月26日|トラックバック(0)

POINT

『将来の通販シェルパPro』
『周りを取り巻く環境への対応』
『通販企業様の変化に対応』
『機能のステップアップ』
『次代の通販システム』
『夢は果てしなく』

───────────────────
■将来の通販シェルパPro
───────────────────

開発者の立場からお話しさせていただいたこのシリーズも、今回が最終回となりました。

前回までの記事で、この春誕生した「通販シェルパPro3.0」の素晴らしさを、少しでもお伝えできたでしょうか?

通販システムの未来

さて今回は、
今後通販シェルパPro をどのように進化させて行こうと考えているのか

また
次代の通販システムとしてどのようなものを考えているのか

を開発者の立場からお話しさせていただきます。


───────────────────
■周りを取り巻く環境への対応
───────────────────

通販シェルパPro を取り巻く通信販売と言う世界は、今後ますます発展し、市場規模が拡大することが予想されます。

それに伴い、今よりももっと多くのサービスが考え出され、今よりももっと洗練されたサービスが提供されるでしょう。

また、社会情勢や新しい法律などの影響を受けて、変化が必要となっていくと思われます。

通販シェルパPro は、このような変化を見極め、時流に遅れることなく、変化を取り込んでいく必要があると考えています。

例えば、日本版SOX法や会社法で定められた内部統制への対応が、必要になってきます。

すでに通販シェルパPro では、ユーザ認証によるアクセスセキュリティや、情報利用に対するログを取得する機能が盛り込まれています。

しかし、内部統制の要求を満たすためには更なる進化が必要です。


───────────────────
■通販企業様の変化に対応
───────────────────

通販シェルパPro を利用していただくお客様の変化にも追従しなければなりません。

少し前までは、通信販売を行うお客様は、専業で多くの品目を扱う総合通販の形態が中心でした。

現在では、単品通販と呼ばれる、少ない品目で通販を展開するお客様が増えています。

これら単品通販のお客様は、ご自身がメーカーであることが多く、消費者向けの通販だけでなく他の企業向けの卸売り販売も行っていらっしゃることが特徴です。

通販シェルパPro は、BtoCと呼ばれる一般消費者向けに通信販売を行う機能は盛りだくさんですが、BtoBと呼ばれる対企業向けの販売に対しては、機能が不足しています。

通販シェルパPro をお使いいただけるお客様が、BtoCおよびBtoBの機能を必要とされるならば、両方の機能に対応できるようにして行きたいと思います。

更に、通信販売の業務はますます分割されアウトソーシングされていくでしょう。

通販シェルパPro でも業務のアウトソーシングがしやすいよう、他システムとの連携強化やシステムの分割が可能となるように、プログラムの仕組みを整えて行きます。

他のシステムとの連携においては、

◎クレジットカード決済の代行サービス
◎コンビニや銀行振込などの収納代行サービス
◎各配送業者の個別システム
◎各種WebECシステム

との連携なども、新しいサービスへの対応が必要となれば、迅速に対処して行きたいと思います。

現在の通販シェルパPro では、

◆GMO-PG様(クレジット決済システム)
◆弊社@ペイメントサービス(決済代行)
◆佐川急便様、ヤマト運輸様の送り状システム
◆弊社WebSherpa(WebECシステム)
◆楽天様、Yahoo!様データ

の取込などが標準で用意されています。


───────────────────
■機能のステップアップ
───────────────────

機能の追加だけでなく、現在盛り込まれている機能のステップアップも図ります。

通販シェルパPro には、お客様の売上拡大に貢献できるような工夫が盛り込まれています。

例えば、プロモーション/プレミアム機能では、様々な条件を判断して最適なサービスが選択できるようになっています。この判断する条件や提供するサービスも、もっと種類が増やせるように考えています。

また、オペレータと消費者がもっと円滑で良好なコミュニケーションが取れるように、オペレータへの情報の提供を充実させていきます。

情報分析システムにおいても、分析可能項目の追加や定型分析メニューの追加、抽出条件やカテゴリ条件の提供などを考えています。

これら機能と追加や拡充だけでなく、ユーザビリティと言う観点からも手を加えて行きたいと思います。

Webアプリケーションの利点を生かしてAjaxを取り入れた画面の制御や、CSSの定義を増やしてユーザが画面の改造を可能にすることなどを計画しています。

このように将来の通販シェルパPro は、現在の3.0よりも高機能でかつユーザビリティに優れたシステムになるよう努力したいと考えています。


───────────────────
■次代の通販システム
───────────────────

シェルパシリーズは、通販シェルパを起源として、通販シェルパPLUS、通販シェルパPro と進化してきました。

通販シェルパPro が進化した先にある次代の通販システムは、どのような姿になっていくのでしょうか?

最後に、開発者の勝手な夢を披露させていただきたいと思います。

通信販売を営む会社は、今後ますます増えて行くでしょう。
会社だけでなく、個人が通信販売を始めることももっと増えて行くはずです。

これら新規に参入してくる人たちは、商品と商売に対する情熱を持っています。
しかし、売るための道具(システム)を準備できる人はまれでしょう。

最初のうちは、多くの作業について手作業でも十分に対応が可能だと思われます。
しかし、手作業で賄いきれる商売では成功したとは言えません。

商売が大きくなるとともに、システム化が必要になってきます。
通信販売を手助けするシステムは、我々の通販シェルパPro をはじめ、たくさんあります。
その中から、最適なシステムを間違えずに選択する自信はありますか?

システムの導入は、大きな投資です。通販シェルパPro を選択していただければ、我々の持つノウハウを結集して成功に導く自信があります。しかし、心のどこかで「他のシステムにしたらもっと成功したのではないだろうか?」と言う思いを抱かれるのではないでしょうか?

我々が考える次代のシステムでは、導入いただく前に試用ができるようにしたいと考えています。あるいは、インターネットを利用してシステムのレンタル利用ができるような仕組みを、導入したいと考えます。

一度試していただいて、システムの効果を確認していただいてから、導入いただけたらと思います。気に入っていただけなければ、お代はいただきません。

また機能を部品化し、その部品を組み合わせることで、お客様に最適なシステムが簡単に構築できるようにしたいと思います。

今までの経験上、一口に通信販売と言っても多くのやり方が存在します。
同じように見える機能でも、お客様によって少しずつ違いがあるのです。

これらの違いを部品によって吸収し、お客様はバイキング形式で部品を選択すれば、組みあがってしまうシステムを用意したいと思います。

また、部品化により次々と現れる新サービスも即座に対応できるでしょう。
それらの新サービスも、部品を組み込むことですぐにお使いいただけるようになるでしょう。

業務のアウトソーシング化がますます進み、自分たちの業務に必要な部品だけを購入できるような通販システムも実現可能です。


───────────────────
■夢は果てしなく
───────────────────

更に、お客様の商売の繁栄を手助けする智恵が豊富に含まれているとともに、繁栄に比例してシステムが自動的に進化して行くのはどうでしょう。

売上拡大を目指してシステムが独自に機能を組み替えたり、システム側からサービスの提案がなされたり、データを自動的に分析して弱点を見つけ出したり、まるで知能を持ったような通販システムが実現できたらと思います。

最後はSF小説のようなお話しになってしまいましたが、我々は夢を持ち続け、シェルパシリーズが今よりも進化して、お客様に喜ばれるシステムになるよう努力して行きたいと思います。

短い間でしたが、拙い文章にお付き合いいただいてありがとうございました。
今後も、通販シェルパPro3.0 がお客様に愛され、信用され、ご利用いただけるように精進してまいります。

トラックバック(0)

・このブログ記事を参照しているブログ一覧:

進化する通販シェルパPro


・このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://www.scroll360.jp/mt/mt-tb.cgi/213