Home > 通販支援Blog > 通販業務 > 通販企業様に聞く! > 有限会社KIRIE様に聞く! > 【KIRIE様】オリジナルメルマガでお客様とのコミュニケーション

通販業務

有限会社KIRIE様に聞く!ナビゲータ写真
記事一覧へ

楽天店舗の雑貨部門でのネット通販から自社サイトまで運営、牛革商品では女性のみならず男性にも支持されています。

有限会社KIRIE   大和田 白奈

【KIRIE様】オリジナルメルマガでお客様とのコミュニケーション

2008年03月29日|トラックバック(0)

POINT

『メルマガで見せる お店の雰囲気』
『メルマガネタと自分の日常生活』
『メルマガを書く目的とは・・・?』
『完全マイペース型メルマガ』
『書き続ける理由...自分なりの幸せ』

────────────────────
■メルマガで見せる お店の雰囲気
────────────────────

KIRIEではお店オープン以来、
お客様とのお話ツールとしてメルマガを

週2回程度で発行しています。

とは言っても、事務所スタッフは私を含め二人。


大きな店舗のメルマガ担当さん
のように、戦略的にうまい文章が書けるわけではなく
 -_-;)本当にアットホームな内容です。


娘の写真を出してみたり、

家族との会話や、

オモシロかった話など、日常満載。


そんなメルマガであっても、

お客様から、うちの娘のことを・・・

「大きくなったわね? 小さい時から見てるから」と

親戚のおばさまのようなお声を頂いたり(!)


久しく連絡していなかった友達からも
こちらから「お久しぶり」的なメールをすると、

「私はHPやメルマガでいつも会ってるよ」

と言われたり・・・(*^^*)ノ

私は発信する側なので、

あんまり見られていることへの意識がないのですが

ちゃんと見てくれてる人がいるのだと、

驚かされることがよくあります。


商品の 新入荷や 再入荷のお知らせをする目的の
メルマガであったものが、

『オンラインショップ』ゆえに、
直に対面することのない販売方法のなかで、

KIRIEとお客様をつなぐ

「会話」のようなものなのだと、考えています。


以前に娘が一度だけ、喘息に突然なったことがあって、

急遽入院しなくてはならなくなった時、

ずっと付き添いで自分も病院で寝泊りして・・・

メルマガが書けず、

書かなきゃ書かなきゃという想いがつのっておりまして、


退院後 やっとメルマガを書いた時には

商品やお店のことに一切ふれず、

喘息発覚から 入院・闘病・退院までのストーリーを
そのコラムだけを 書いて送信してしまったこともありました。


そのメルマガが 初回の受信分だったお客様も
中にはいらっしゃったことでしょう。

何のことやら 分からないですよね、きっと。

ただ、考えなしにそうした行動も、

沢山の励ましのメールで慰めて頂いたりして、
温かく迎えていただけました。


注文時の備考欄でコラムの感想を書いてくださる
お客様もいらっしゃったり、

花粉症のことなどアドバイスくださるお客様も、

それから、ペットのことについてや
コスメについて、

商品販売と全く関係のないところで

メールのやり取りもさせて頂いたりして、

まさに、メルマガが
私とお客様の架け橋なのだと感じてきました。


────────────────────
■メルマガネタと自分の日常生活
────────────────────

「一番下のコラムだけは毎回読んでます!」という

お声を頂いた時には、驚くやら嬉しいやら恥ずかしいやら。


しかもコラムは何を書いているのかといえば、
まさに「日記」?とりとめもなく、

その週あった出来事や 思ったことなど

友達とお茶のみ話しているようなレベルの内容ばかり。


だから、感想やメール頂くと、
お恥ずかしい?!(*´∇`*)と
ドキドキしちゃいます。


内容は、書きながら考えることも多いですし、

小さなネタは 芸人のごとくネタ帳のように
携帯電話のメモなどに書き入れたりしてるものもあります。


もちろん、新しい商品のご紹介や、

再入荷・や季節のオススメ品などを
書きますが、たまに書くはずの新商品を
スッポリ忘れることもある というお気楽さです。

(もし上司という存在がいるとすれば、
間違いなく お叱りを受けることでしょう・・・!)


そんな、KIRIEメルマガであっても
メルマガを書く間隔があくと、驚くほどに
受注件数が減るので、定期的に書くことは欠かせません。


────────────────────
■メルマガを書く目的とは・・・?
────────────────────

でも、

それだけ売り上げに重要な意味合いがあると
分かっていても、

私のメルマガを書く目的は やはり

受注を保つ、売り上げを上げるのと実は
別のところにあります。


いたってシンプルな

「このネタで笑ってもらえたらいいな」とか

「思ったことを書いてみんなに知らせたい」とか

まさに 喫茶店で集まって


「それでね?こないだこんなことがあったのよ?」的な

聞いて聞いて?のモード。


なぜかそれは、まるで日課のようになっていて、

「自分が思ったことを外に知らせたい」とか、

「友達が笑ってくれると心底満足」という自分の習性(?)

ただただ、商品紹介も その一部になっていて

「こないだ、こんないい物見つけたのよ?」と

井戸端会議でとにかくしゃべりたいオバさま的
な勢いに近いものがあります。


もともと、商品セレクトしているのも自分ですから

これはいいな?かわいいな?プレゼントにいいかも?など、

思って選んだから ご紹介しているわけです。


それで、自分のセレクトしたわけや、

これほんと、ここが最高!というのは
お喋りしたい内容の一部なわけですから、


たまに、ヒートアップしてきて、

書くスピードも喋るスピードより早い位のテンポで

やや行き過ぎなトークになることもあります。


特に化粧品のことや、体につけるもの美容系のものだと

(自分がアレルギー体質で長く苦しんできたもので、)

これなら同様の症状の人でも使えるし、救える!と

自信があると、ひどく長く迫力ありすぎなメールになってしま
うこともあります。


それも、本当に勢いで書いおいて

すぐ送信。

その後も、一切見直しませんから(笑)

本当に、上司がいたとしたら、とんでもない状況でしょう。


────────────────────
■完全マイペース型メルマガ
────────────────────

お店をスタートさせて はじめのうちは

楽天ペースで 月商○○万 ○○○万 ○○○○万と

売り上げも目指すものがあったのですが、


今は 恐ろしいことに、売上目標も立てず(汗)

思うまま 気ままに 書いて 喋って ご紹介して

素敵な品があればセレクト、

自分も商品を楽しんで、帰宅は早く。土日はたっぷり休息。

家族と出かけたら それが ネタ。


そんな状態です。


この運営方針は(方針もなにもない状態になってますが!)

売り上げも 件数も アクセスも 何も試行錯誤しておらず

突拍子もなく自分勝手で めちゃめちゃなのだと思います。

が、お金のためだけに働くことは

自分にはできないようなので、

こんな気ままでも とても満足しています♪


────────────────────
■書き続ける理由...自分なりの幸せ
────────────────────

私が自分の日常で起こったこと

感心したことや、勉強になったこと、いいなと思ったこと、

何かしら コラムの中ででも、

読んで頂いた人の
何かのインスピレーションや参考になれたとしたら、

何よりも幸せだと思います。


私のコラムやブログの中の何かのきっかけで、
その人の何かが変わったら、

それは商品を買ってもらうよりも何万倍も嬉しいことです。


もしかしたら、私は物を売りたい気持ちがあまりなく

話を聞いて欲しいだけかもしれません。


沢山の人にいっせいに自分の日常生活を暴露(?)して
思ったことを語ることは 刺激的で挑戦的で少し怖いですが、

それでも、

何かのきっかけをその人の人生につくりたい

そんな気持ちからです。


私は伝道士でもないし、
伝えたい何かがはっきりとしているわけでもありません。

何か変な集会に引き込みたいわけでもない。(▽ ̄;)


お客様にどう感じて欲しいということはなく、
人生のヒントになるほど偉大な話が
できるわけじゃありません。


でも、自分が日常で学べたことが
またもし、誰かの考えるきっかけや記憶の一部になれば
これ以上嬉しいことはないと思うんです。


こんなことを書いて、

会社の売り上げを上げようと思われる皆様からしたら
何の価値もない話かもしれませんが

私にとってのメルマガは、考えてみれば一番の目的は
売り上げアップではないので、
やはりそれが正直なところです。


それぞれのお店の 『幸せな形』がそこにあれば
お客様には伝わる と思います。


『幸せな形』が伝われば、
お金ではなくても 
何かしらの幸せがいつか返ってくるかもしれません。


その人が笑ってくれた、

インスピレーションを受けてくれた、

これは 

お金よりもずっと大きな見返りですから、
何より・・・素敵なことと、思えるはずです。


ふと頂いた 一通の感想メールからも

自分のとりとめのない文から、考えてくれたこと
思ってくれた、感じてくれたことがあるのだと

そう分かれば、売り上げ以上の価値が
伝わってくると思います。

ここまでお読み頂いた方、
売り上げを上げるための参考にはならないかもしれません。
すみません。

でも、売り上げが上がるよりも
もっと幸せを感じられるきっかけが 

メルマガ発信するという行為には含まれています。

沢山の人に 自分の書いた文を読んで頂けるということは
それ自体が 幸せなことであると 思います。

ネットショップだからこそ、伝えられる

商品紹介以上の、お客様への マメなお便り。

それが メルマガだと 思っています。

トラックバック(0)

・このブログ記事を参照しているブログ一覧:

【KIRIE様】オリジナルメルマガでお客様とのコミュニケーション


・このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://www.scroll360.jp/mt/mt-tb.cgi/481

Home > 通販支援Blog > 通販業務 > 通販企業様に聞く! > 有限会社KIRIE様に聞く! > 【KIRIE様】オリジナルメルマガでお客様とのコミュニケーション