Home > 通販支援Blog > 通販業務 > コーディネーターが語る > 通販ロジスティクス物流について > "ロジスティクス"と"物流"は同じか?(後編)

通販業務

通販ロジスティクス物流についてナビゲータ写真
記事一覧へ

物流業務の現場に常に関わってきた物流担当者が、ロジスティクス、アウトソーシングとは、をお伝えします。

  物流担当

"ロジスティクス"と"物流"は同じか?(後編)

2005年06月28日|トラックバック(0)

────────────────────────────
■3.サード・パーティー・ロジスティクス(3PL)とは?
────────────────────────────

サード・パーティー・ロジスティクス(3PL)とは、

ファースト・パーティ(荷主)でもない、セカンド・パーティ(卸業者、小売業者)でもない、これらの機能や所有権を持たない第三者(サードーパーティ)が、荷主の物を運んだり、保管したりする単なる手段の提供はもちろん、物流機能全般を包括して受託すること

・・・を言う。

サードパーティ企業を

『実運送手段を保有する物流業者ではない、第三の主体がロジスティクス活動を代行すること』

と定義としているところもある。

実際にトラックや倉庫を持たない業者のほうが、持たないがゆえに、現状のしがらみにとらわれずに、自由度の高いロジスティクスシステムを提供することができる、というメリットがあり、近年急激に成長してきている。

3PLの登場により、荷主側のメリットとして・・・

  ○顧客サービス(スピード、品質)の向上

  ○物流関連コスト削減

  ○新規事業の開拓等に専念

  ○市場での競争力向上

・・・があげられる。

そしてもちろん、

弊社ミックも"3PL"である。

─────────────────────────
■そこで、ミックのワンストップサービス
─────────────────────────

物流中心でご紹介してきたが、物流のみならず、コア業務以外の業務をすべて外部の専門業者に、アウトソーシングすることで、コア業務の改善・改革を行い、売上げ拡大、利益の向上に成果を上げている企業も数多く出てきている。

アウトソーシングを一業者で全てを受託し、在庫圧縮、コスト削減、品質の統一化を目的とした最適コーディネーションを提案、総括的な業務支援を行うことをワンストップサービスという。

つまり・・・
当社ミックのワンストップサービスも、そのような総括的支援のことを言うのである。

 ☆ミック通販ワンストップサービス全体図  
ミック通販ワンストップサービス

実際、多くの企業様にご利用いただき、顧客サービスの向上、物流関連コスト削減、新規事業の開拓等といったコア業務への集中を実現させている。

利用された企業様への弊社支援をあげてみると・・・

 (1)大手企業が新規通販事業に参入、システムからコールセンター・物流センターの
    手配までを支援

 (2)自社業務拡張をするために、内製からアウトソーシングに改革を支援

 (3)自社及び系列企業のシステムから物流センターで問題が多発し、その解決を支援

 (4)他社物流センターを使用していたが問題発生したために、その解決を支援

近年の傾向として、企業を取りまく外部環境が著しく変化していることもあり、企業が抱えている問題点も、内部だけで解決することに限界が出ている。

いかに外部企業と情報を共有し、事業拡大させるか、に視点を置くことが、今後成長する企業のキーポイントと言えるのではないだろうか。

トラックバック(0)

・このブログ記事を参照しているブログ一覧:

"ロジスティクス"と"物流"は同じか?(後編)


・このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://www.scroll360.jp/mt/mt-tb.cgi/76

Home > 通販支援Blog > 通販業務 > コーディネーターが語る > 通販ロジスティクス物流について > "ロジスティクス"と"物流"は同じか?(後編)