Home > 通販支援Blog > 通販業務 > コーディネーターが語る > ITについて > システム運用がビジネスを支える:システム運用の動向

通販業務

ITについてナビゲータ写真
記事一覧へ

システム導入の際に必要となるインフラ整備。ビジネス成功に導くITについて語ります。

システム運用がビジネスを支える:システム運用の動向

2005年09月26日|トラックバック(0)

─────────────────
■情報システムとシステム運用
─────────────────

現在、情報システムは企業の運営をする上で、不可欠なものになっている。
情報システムなくして、企業の存続はありえない状況である。
情報システムは、進化し続ける情報技術(IT)を活用することにより、各々の業務システムが高度化し、システム連携が複雑化されているのが現状である。

そればかりか、ウィルス、機密情報保護(個人情報)等のセキュリティ対策、災害時の復旧対策、事業継続対策と、情報システムに対する要求は増加する一方である。

セキュリティ

このように、多くの情報システムを抱える企業では、煩雑になりがちなオペレーションを

『低コストで安全かつ安定的に稼動』させ、
『システム拡張にも迅速、かつ柔軟に対応』する必要がある

など、より高度なITのシステム運用が不可欠となっており、システム運用の力量が、ビジネスの成功や継続に大きく関わる時代になっていると言えるだろう。

ここで、システム運用のあり方を改めて整理し、ビジネスを成功に導くための方法を考えてみることとする。

─────────────────
■従来のシステム運用とは
─────────────────

従来、システム運用はシステム(ハード、ソフト共に)が正常に稼動し続けることが役割とされ、そのためには何をするか?が業務となっていた。

具体的には、次の業務をすることが大切であるとされていた。

システム運用

これは、メインフレーム全盛時代の運用管理の基本体系である。
この頃は、単一ベンダーの製品で構成されたシステム(ハード、ソフト)を利用し、開発期間も余裕があったため、システム開発側とシステム運用側とのコミュニケーションも取りやすく、しっかりした運用管理がされていた。

システム運用担当にとっては、自分たちの範囲の中で上記の業務がしっかり出来れば、大きなトラブルが無く、全社的に安定稼動を提供しやすかった。

「システム運用部門の満足度追求=システムの安定稼動」の時代であったと言える。

─────────────────
■システム環境の複雑化
─────────────────

ここ数年の各社のシステム環境は、業務用件適用の柔軟性、構築における費用、スピードに対応しやすい利点などにより、メインフレームからオープン化に急激にシフトしてきている。また、ネットワーク技術も進化し、システム環境の複雑化は拍車がかかっている。

企業内には、IT利用の無い業務は存在しない状況となっている。
さらに、Webの出現からビジネス(B to B,B to C)との関わりがより強くなり、『安定性』、『安全性』、『スピード』等、要求が厳しくなっている。

システム運用の側面からすると、対象となるサーバ、ネットワーク、データベース、ストレージ等の各ハード、ソフトがマルチベンダー化され、技術進歩が早く、従来のスキルと人数では対応が困難な状況になっている。

また、オープン環境下でのシステム構築は、開発担当者がアプリケーションの開発に合わせて、サーバ、データベース等の環境セットアップやバックアップ等の運用設計も実施するケースが増えている。

そして、本稼動後のキャパシティ、性能評価までも開発担当者が実施している場合がある。
このように、システム運用の現場では、特定のスキルを持った要員に業務がかたより、属人化され、ブラックボックス化が進み、トラブル復旧や業務変化のスピードに対応できない等の問題が噴出しているようだ。

情報システムの安定稼動をするためには、これからのシステム運用の在り方を描きなおす時期にきている。

トラックバック(0)

・このブログ記事を参照しているブログ一覧:

システム運用がビジネスを支える:システム運用の動向


・このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://www.scroll360.jp/mt/mt-tb.cgi/104

Home > 通販支援Blog > 通販業務 > コーディネーターが語る > ITについて > システム運用がビジネスを支える:システム運用の動向