Home > 通販支援Blog > マーケティング > 流通ジャーナリストの視点で語る! > 【第63回】データ活用で顧客開拓の新たな一手

マーケティング

流通ジャーナリストの視点で語る!ナビゲータ写真
記事一覧へ

長年流通、特に通販やコンタクトセンターを専門に取材活動を続けてきた実績より、市場動向や「顧客満足」に向けた企業の活動など事例を中心にお伝えしていきます。

JDM News.net   代表  流通ジャーナリスト 塩田信夫

【第63回】データ活用で顧客開拓の新たな一手

2015年07月28日|トラックバック(0)

POINT

『価値が高い趣味・嗜好のデータべース』
『フェイスブックと連動した新規顧客開拓』
『ビッグデータの活用と個人の嗜好の多様化』

──────────────────────
■価値が高い趣味・嗜好のデータべース
──────────────────────
今月27日付けの日経新聞朝刊「経営の視点」に「アマゾンに学ぶデータ経営」
の見出しを見つける。記事の中でNTT社員からアマゾンに入社し、日本での創
業を導いた西野伸一郎氏が紹介されていた。

記事中では「個人の趣味・嗜好のデータべースは価値が高い」。アマゾン特有の
「この商品を買った人はこれも買っています」というお勧め機能、芋づる式に需
要を掘り起こすデータが会社を成長させると実感
した(同記事より)とある。

同社を退社後に設立したのが、雑誌定期購読サイト「富士山マガジンサービス」である。
あらゆる分野の雑誌2,000誌以上の定期購読、500誌以上の14,000号を
超えるバックナンバーがサイトを通じて購入できるのだ。

同社は今月7日に東証マザーズに上場した。2015年の売上高は前年比23%増の
24億円、営業利益は11%と好調だ。同社のウリはまさに「お金を払ってでも
ほしい情報、関心分野」
である。趣味・嗜好の極め付けのデータとなる。

今後、同社のデータ活用の分野は雑誌に留まらずあらゆるサービス、商品へ展開
していくことだろう。


──────────────────────
■フェイスブックと連動した新規顧客開拓
──────────────────────

こうしたデータ活用で新たな商機を広げていくうえで、重要なのがネット戦略である。
フェイスブックと連動し、新たな顧客リストを開拓し話題を呼んだのが
下着の通販で知られるピーチジョンだ。

同社の基本戦略である通販カタログの発行や雑誌広告だけでは、新規顧客の伸び率
が頭打ち状態となってきたという。そこで同社が打ち出したのがフェイスブックでの
ファンサイトの開設
である。

フェイスブックユーザーを広告対象にする「類似オーディエンス」という機能の活用だ。
ピーチジョンのメールマガジン購読者のメールアドレスとフェイスブック利用者の
メールアドレスを匿名化したままマッチングさせる。
フェイスブック上でコンタクト可能な顧客リストが入手できるという仕組みだ。

また、同社の商品の愛用者と類似するタイプのユーザーを広告対象に絞り込むことも
可能とのこと。既存の購入者に似たタイプの女性を対象とした広告展開であり、
新規顧客の開拓には有効なネット戦略といえる。


──────────────────────
■ビッグデータの活用と個人の嗜好の多様化
──────────────────────

一方では、最近話題のビッグデータの活用だが、消費者動向の場面で重要なことは
やはり自分の目で実際の街や消費者の生活ぶりを見ることだろう。
少子高齢化や生活格差の影響は如実に消費生活に現れている。

首都圏と地方ではなおさらである。画一的なデータ解析は意味を持たないといえる。
人口の減少と高齢化は明らかに地方から起こっている。やたらと目立つ大規模商業
施設とシャッター街となった地元商店街は、ある意味でシンボリックな消費風景ともいえる。

ある著名なマーケティングアナリストは、消費者の多様化・個性化について語っていた。
「若い男性の主婦化、若い女性の男性化」「シニア男性のヤング化、ミドル男性の女性化」
が大きな傾向
としてあるという。

ビッグデータで個人の嗜好を細かく分析し、商品開発していくことの難しさを指摘
している。改めて人口減少・少子高齢化という社会の変革期を意識せざるを得ない。

 

トラックバック(0)

・このブログ記事を参照しているブログ一覧:

【第63回】データ活用で顧客開拓の新たな一手


・このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://www.scroll360.jp/mt/mt-tb.cgi/2132

Home > 通販支援Blog > マーケティング > 流通ジャーナリストの視点で語る! > 【第63回】データ活用で顧客開拓の新たな一手