Home > 通販支援Blog > マーケティング > アイデア職人が語るブランディング! > 【第8回】膝ネタ マーケティング (219)人事部

マーケティング

アイデア職人が語るブランディング!ナビゲータ写真
記事一覧へ

長年企業様のブランディングに関わり、独創的なマーケティング手法やアイデア開発手法を用いた企業のコンサルには定評があります。

岩田事務所   代表 岩田桂

【第8回】膝ネタ マーケティング (219)人事部

2008年07月28日|トラックバック(0)

<はじめに>
日本の食料自給率論争が盛んである。カロリーベースで39%を割ったからだ。この問題に関しては2つの意見に分かれている。
生産者の生活保障を厚くして、農地や自然環境を守りながら農業生産を上げようと主張する人々。かたや食材の生産は安い海外に任せて、日本は技術や工業製品などの輸出で稼がなければ、国力が落ちると主張する人々。
いわば「農」の側と「工」の側の思惑がせめぎ合っている。しかもどちらにも一理はあり、国や行政の軸足も定まらない。
ここで明確に言えることは、食料自給率を単なる経済問題と捉えるか、日本の食料安保問題として捉えるかである。
西欧諸国では、農業への補助金は国家予算の大半を占め、頑なに食料安保を守り通している。食の自給ができなければ、独立国家ではないとの認識からだ。
となると日本は39%分だけの独立国。食料資源問題は、じわりじわりと日本の行く末に、ボディーブローとなって効いてきそうだ。

さて膝ネタの第8回目です。

a_36.jpg(219)人事部
     他人の命や人生にかかわることを、「ヒトゴト」として扱う部署。
(220)KJ法
     キワドイ・ジョウダンを集めて、まともなアイデアに収斂していくポストイット浪費の遊び。
     おおかたはすでにあるアイデアのお化粧直し作業。
(221)デルファイ法
     無能者が数人の有能者にお伺いを立てて、お導きをいただく作業のこと。
(222)立食パーティー
     「こんな有名人とも知り合いだよ」と誇示するために集まる、名刺収集会のこと。
     割り勘負けするのが相場。
(223)倫理規定
     ここまではやっても良いと、誘惑される一線のこと。
(224)春闘
     大の大人同士が百円玉の一つや二つにこだわって意地の張り合いの攻防を繰り返す儀式。
     我慢くらべ大会とも言います。
(225)総合××企業
     いじめっ子、いじめられっ子、稼ぎっ子、むだ飯っ子などが混在し、夫々に機能するはずの
     大企業のこと。しかし、これは幻想。
 (226)ミッション
     なんでもない当たり前の職責を、神から与えられた使命のごとくに格好つける外来語。
(227)救世主
     業績が苦しくなると、古参の役員が持ち出す経営手法。
     その場合、小さい「ッ」が入り、「マーケッチング」と「ケッ」にアクセントをおいて、「チング」と
     発音されるのが特徴。まあ、まあそれで、いいかっ!
(228)郊外型大型店
     地元商店街をいじめる悪役のこと。地域では・・公害型大型店として、恐れられ黒船。
(229)交際費
     20%の人が、総額の80%を使うように仕組まれた資金枠。
     いつも、優良な得意先の名前が出てくる伝票。
(230)経常利益率
     5%以上ないと、儲かっているとは言わないものです。
(231)ローヤリティ
     口に出すととたんに、相手が冷たくなる条件です。普通は蔵出しの3%が標準値です。
     払いたくないコストです。
 (232)原案
     突っ込める余地を残したプランのことです。どうでもいい箇所を余白にしておくのがコツです。
(233)現状維持
     「このまま死んでいこう」ということです。別名、安楽死。
(234)言葉
     たった一言が刃物にも懐炉にもなります。
     言葉で傷つき、言葉で励まされ、言葉で愛を伝え、言葉を残して死んでいきます。
     自分の思いが伝わってこそ、言葉といいます。
(235)エンディング・ファースト
     結末や結果がすでに見えていて、しらけた状態の湾岸戦争のこと。
     戦わずして勝つことです。
(236)最強の敵  
     時代の変化と女房です。
(237)サラリーマン
     植木等さんによって、気軽とされた職業のこと。
     現実は上司も部下も選べない不自由な身分の総称。
(238)最短のマーケティング
     「Never Give Up」を3回繰り返し、その場を去ったチャーチル首相の演説。
     60年経っても多くの人の心をゆさぶる。
(239)学食
     お母さんの手抜き食卓を促がす慈善事業のこと。
(240)食育
     「人」を「良」く「育」てると書いて「食育」と呼びます。
     子ども達が大人になっても1人で生きてゆける食術を教える国かかりのキャンペーンのこと。
(241)地産地消
     東京モンには食わせないと意地を張って、俺たちの産物を誇る運動のこと。
     知産地商ともいう。
(242)産直
     農家が70%ほどの荒利を得る「農協さん泣かせ」のシステムのこと。


a_39.gif(243)もったいない
     「無駄使いすること」と「有効活用できてないこと」の2つあります。
     経営資源を見直す基準にもなります。
(244)麦と米の穂
     「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と「実っても頭を垂れぬ麦穂かな」の、どちらがリーダーの
     器ですか。麦タイプと米タイプでおのずから、会社も変わります。
(245)学問
     より多くの人生を楽しむために必要な教養です。
(246)パスワード
     本人以外には分からない個人情報。
     隠しすぎて、本人もどこに置いたか忘れやすい秘密の鍵です。
(247)イヤーウオッシング
     脳にはびこる汚い音(悩み)をきれいな音で洗い流すこと。
     恋のささやきが最強の洗浄剤です。
(248)混浴
     刺激的な売り場のこと。
(249)老・病・死
     売れ筋本の3大テーマ。若者もむさぼり読んでいます。


 

トラックバック(0)

・このブログ記事を参照しているブログ一覧:

【第8回】膝ネタ マーケティング (219)人事部


・このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://www.scroll360.jp/mt/mt-tb.cgi/531

Home > 通販支援Blog > マーケティング > アイデア職人が語るブランディング! > 【第8回】膝ネタ マーケティング (219)人事部