Home > 通販支援Blog > マーケティング > アイデア職人が語るブランディング! > 【第6回】膝ネタ マーケティング (156)「男盛り、女盛り」

マーケティング

アイデア職人が語るブランディング!ナビゲータ写真
記事一覧へ

長年企業様のブランディングに関わり、独創的なマーケティング手法やアイデア開発手法を用いた企業のコンサルには定評があります。

岩田事務所   代表 岩田桂

【第6回】膝ネタ マーケティング (156)「男盛り、女盛り」

2008年05月27日|トラックバック(0)

<はじめに>
 経済には3つの種類があります。貨幣経済、結いや講といった助け合いの経済、そして自給経済です。現在社会は貨幣経済のマーケティングしか眼中にないようですが、実は助け合いの経済、自給経済のほうがすごく豊かな社会を実現してくれます。スローフードもその豊かさを実現する運動なのです。
 今、地方では、「地元学」が盛んです。自分達の町や村を振り返ってみて、無いものねだりではなく、あるものを生かそうとすることが、本当の地域起こしになると気づき始めています。商売の原点は「地元の本物」を売ることであるからです。
 そして数多くの町おこしを成功させつつあります。ウエブを利用した地貌マーケティングも盛んです。朝市の物々交換も頻繁に行われています。
その規模は6000億円とも言われています。「地産地消」がそれらを代表するキーワードです。
 新潟県燕市のネット通販の企業では、この助け合いの経済に気づき始めて、電脳朝市を立ち上げるところも出ています。
さて膝ネタの第6回目をお届けいたします。
    

  a_34.jpg
(156)「男盛り、女盛り」
    シニアがあこがれる回顧のライフスタイルのこと。大金をはたいてでも手に入れたいと願う
    あこがれ。

(157)偶数月の15日
    年金が支給され、肉屋やすし屋がソワソワする日。

(158)うんちく
    寸暇を惜しんで、トイレで学ぶ教養のこと。運もつく。

(159)「×××日和」
    その気にさせてくれる天気模様のこと。お花見日和、お見合い日和、ビール日和など、
    財布の紐を緩めさせる修辞です。

(160)団塊の世代
    塊としてのレッテルを貼られて、マーケティングの対象とされてきた800万人。
    最後の年金の食い逃げ世代のこと。

(161)季語
    日本人の魂をゆさぶる遺伝子情報満載の言霊。究極の圧縮情報。

(162)健康志向
    ヨダレがでるような不健康を楽しむために備える、体力と体調の管理のこと。

(163)スローフード
    食卓から様々な関係性を見直す哲学。良いことずくめだが、困難が伴う食のスタイル
    のこと。食べものを指す総称ではありません。

a_31.gif(164)春の小川
    誰でもが口ずさみ、永遠に心の中を流れる幻の川。高齢者が黄泉の国まで舟に
    乗ってゆきたいと願う川。

(165)右肩上がり
    威勢のよい人が鼓舞するために上げる右肩のこと。疲れ出すと途端に下がる肩のことです。

(166)クロスマーチャンダイジング
    芋ずる式購買を誘うために仕掛けられた売り場の罠のこと。顧客の思考停止を促す
    販売手法のひとつ。

(167)比較地獄
    他人と比較されたとたんに、他人への嫉妬が芽生えること。簡単な欲望刺激策。

(168)ベンチャービジネス
    右手にリターン、左手にリスクを握りながら行う事業。右手をおろそかにすると、ただの
    道楽になります。

(169)社長さん
    東南アジアなどに旅行すると急増する人種。「しゃちょうさん・・寄ってらっしゃい」と
    歌舞伎町でも呼ばれている人のこと。

(170)ロードサイド店
    狸がでるような僻地の店を、格好良く呼ばせる総称。

(171)最後の教養  
    身辺を整理し、家族に謝意を述べ、淡々として死期を迎える力量のこと。
    誰もが持ちたいと願う最後の大仕草。

(172)タバコ
    サボっていても、指に挟んでいるだけで、考えことをしているように見られる貴重な小道具。

 
a_32.gif(173)会社
    部下にとっては、上司が会社です。うちの会社と呼ぶようになれば、一人前。

(174)成功病
    成功はうぬぼれになり、やがて失敗につながるもの。戒めるワクチンをいつも打ち続けること。

(175)やらずの罪
    万死に値する「ノントライ&ノンエラー」の罪のこと。シロアリのようにやがて、屋台骨を
    食いつぶすやっかいな企業風土。

(176)敗者復活
    「トライ&エラー」を認める風土のこと。負けた軍隊が一番学びます。
    ただし仏の顔も三度まで。

(177)嫉妬  
    ヒットすると、必ずスキャンダルの矢面に立たされます。ヒットはシットと紙一重です。

(178)未来予測
    不可能です。未来はつくりあげるものです。

(179)正直
    ネガティブ面を認め、それをポジティブに換えていく行動のこと。

(180)7(セブン)
    人間が確実に覚えられる数字の桁数。電話番号の拠り所。

(181)3(スリー)
    安定感と緊張感が同居する動的な数字。陰謀の数字とも言います。

(182)人生時計
    決して増えない砂時計のこと。人生の持ち時間とも言うが、無駄に消費
    しているのに気づかないものです。

a_33.gif(183)情報
    「ギブ(give)・ギブ・ギブ・ギブ・ギブ・ギブ・ギブ・ギブ・
    ギブ・ギブ」の10回でやっと1つゲット(得られる)できる貴重なもの。

(184)穴熊
    部屋に閉じこもり、パソコンばかりいじくって、お客様のところに行かないこと。

(185)週間報告
    いかに何も出来なかったかを、ばれないような表現を選んで書きつづるペーパーのこと。

(186)浮気
    一度したら、なかなか元の鞘に収まりにくいものです。お客様も同じで、
    元に戻すのには時間がかかります。

(187)お金
    さびしがりやで大きな財布が大好きです。一ヶ所に集まると威力を発揮します。


 

トラックバック(0)

・このブログ記事を参照しているブログ一覧:

【第6回】膝ネタ マーケティング (156)「男盛り、女盛り」


・このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://www.scroll360.jp/mt/mt-tb.cgi/501

Home > 通販支援Blog > マーケティング > アイデア職人が語るブランディング! > 【第6回】膝ネタ マーケティング (156)「男盛り、女盛り」