Home > 通販支援Blog > EC運営 > ネット通販をプロデュースする! > 【第46回】補助金の本末転倒

EC運営

ネット通販をプロデュースする!ナビゲータ写真
記事一覧へ

戦略的なWebサイト構築・運営を手掛けるエクストラコミュニケーションズ社より、多くのECサイトを手掛けてきた実績ノウハウをお伝えします。

(株)エクストラコミュニケーションズ   代表取締役 前野 智純

【第46回】補助金の本末転倒

2017年02月13日|トラックバック(0)

POINT

『海外販売事業の実態』
『補助金の功罪』
『主と従を間違えずに』

──────────────────────
■海外販売事業の実態
──────────────────────

 現在、国を挙げて日本のものを海外に売ろうと躍起です。
ただ、ほぼ生活必需品は行き渡っている海外の国に売るのは、一筋縄ではいかないことはこれまで書いてきたとおりです。

 中国人観光客の、いわゆる「爆買い」が鳴りを潜めてきた昨今、にわかに注目されているのが、私が以前から取り組んでいる越境ECです。
しかし、前述のように、生活必需品はすでにほとんどの国に行き渡っている今、商品力とマーケティング力、あるいはブランディングという目に見えない力が重要なことは言うまでもありません。これまでのように、海外に販路を持つ商社に任せたままでは、なかなか思うように販売は増やせないでしょう。

 しかし、未曽有の人口減少と超高齢化に直面している日本において、他に選択肢はありません。
そのため、様々な中小企業、生産者が海外への販路を目指しています。多くの場合、そのきっかけになるのは、行政からの補助金です。


──────────────────────
■補助金の功罪
──────────────────────

 当社は、自社が補助金を申請することはありませんが、多くのお客様が補助金を活用されていますので、間接的な接点がたくさんあります。
確かに、補助金は、取り組んでいる事業、あるいはこれから取り組もうとしている新規事業を「補助(側面支援)」してくれるという意味では、有効に使えると思います。
しかし、どうもさまざまな事業者の方を見ていると、主と従が逆転しているところが見受けられます。そして、そのようなところは、決してうまく事業が進みません

 よく聞くパターンとしては、補助金が通るならやるというもの。
これはまさに典型的で、補助金が「補助」になっていません。本来、補助金がなくても実行するが、補助金があれば、こういうプラスαができる、より効果的な事業ができるというものに出すのが、補助金であるはずです。出なかったらやらないというのは、本末転倒もいいところです。

 年に一回、補助金が出るタイミングで現地に赴き、セッティングされた商談を通訳付きで行う。
これは、きっかけとしてはいいと思いますが、その後、自分で渡航することもなく、また来年!くらいの感覚では、うまくいくはずがありません。
一度、「買う側」の立場で考えてみれば、すぐに理解できると思います。今後いつ来るかもわからない人に、お金を出す気にはだれもなりません。

 また、行政に対する報告等の類が多すぎるのも、補助金の悪いところです
もちろん、不正な利用を防ぐために、ある程度の書類は致し方ありませんが、それにしても、行政都合の儀式的な作業が増えすぎるように感じます。そのため、実際の業務の時間が報告書の類に食われてしまうという、本末転倒が発生します。


──────────────────────
■主と従を間違えずに
──────────────────────

 国の方向性からも、来年度は越境ECへの予算がより大きくなると予想されます
それはそれで喜ばしいことですし、ぜひ取り組みのきっかけにしていただきたいのですが、かといって、「補助金ありき」では全くの本末転倒になってしまうし、私は未だかつて、そのような事業者で成功した事例を知りません。

 ただし、こう書くと補助金を交付された会社は成功しないように誤解されるかもしれないので、敢えて付け加えますが、私のお客様で、成功例に挙げてもいいようなお客様も、半数程度は活用されています。しかし、主と従は決して間違っていません。補助金が問題なのではなく、それを受ける側の意識が、成否を分けるポイントと言ってもいいでしょう。

 

(前野智純)

トラックバック(0)

・このブログ記事を参照しているブログ一覧:

【第46回】補助金の本末転倒


・このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://www.scroll360.jp/mt/mt-tb.cgi/2281

Home > 通販支援Blog > EC運営 > ネット通販をプロデュースする! > 【第46回】補助金の本末転倒